1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 昭和薬科大学(薬学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

福島県立会津高校卒
 僕は駿優に入って本当に良かったと思っています。教務の方たちは本当に面倒見が良く、大変お世話になりました。そして駿優の講師による授業は素晴らしいものでした。
 駿優のすごさは他の人が書いていると思うので、ここからはこれを読んでいる後輩、特に私立薬学部を目指している人へ少しでも参考になればと思い、自分の勉強法や失敗、感じたことを書きたいと思います。私立は何と言っても、英数理の三教科をバランス良くやることが大事です。私立薬学部の合格はとても高得点の争いになるので一教科でも穴を作ると、他でカバーしなければならないので厳しくなると思います。数学はまず授業を大切にし、テキストを信じてやれば大丈夫です。特に、前期の基礎分野はすごく大事。しっかり考える力を付けて何度も繰り返す、そうすれば秋頃にはかなり力が身についているはずです。自分にちょっと足りなかった部分は早く正確に解く計算力。解けるのに計算ミスで間違ってしまうのはマジ泣きたくなりますね。次に化学ですが、これも駿優のテキストは良い問題が多いので何度も繰り返しました。ただ、私立の薬学部はすごく深い、細かな知識が必要とされるので、図表など、こまめに見て、本番前には受験範囲で知らない知識をほとんど無くして臨みました。そして自分にとっての不得意教科の英語。私立理系であると長い文章と接することが少ないために論旨の展開や要旨をつかみながら英文を訳して読むのにすごく時間がかかり苦労していました。それを克服するために、後期からはなるべく毎日長文を読むようにしました。もう一つ、私立の医薬系は医療に関する専門的な単語が出てくるので、問題を解く中で出くわしたら覚えておいた方がいいと思います。
 まあ、勉強法は人それぞれあるとは思いますが、自分はそんな感じでやってきました。本当に合格できたのは駿優の力のおかげです。最高の環境と講師陣が整っていると思うので、あとは自分次第です。テレビは見たいし、遊びたいし、先に大学に行って楽しんでいる人の話を聞くと悲しくなるけど、誘惑に負けずに。まあ息抜きも大事で、生活にメリハリをつけるのは大切だけど、とにかく強い意志を持って、最後までやり通せば合格できると思います。頑張って下さい。