1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 日本大学(歯・工学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

歯学部

福島県立葵高校卒
 この一年を振り返ると時間の使い方って本当に大切だと思いました。私は私立理系だったので必要な教科は三つだけで、国公立大志望の人たちと比べるととても空き時間が多かったです。そのため余裕を感じてダラダラし、その時間を無駄にしてしまって、夏には成績がぐっと下がってしまいました。だから私は、早起きを習慣づけするなどして無駄な時間を無くすよう努力しました。また「今日は眠いから寝よう」とか「今は友達と話していたいから夜頑張ろう」とメリハリをつけることでダラダラ勉強する時間が減り、結果として無駄な時間を減らすことが出来ました。
 勉強法としては、当然だけど分からなければ必ず基本に戻ることが大事だと思いました。つまづいた時はテキストのその単元を始めからきっちり読んで解き直しました。時間はかかるけど本当に理解が深まりました。あとは出来る限り授業に出ること!!しかもなるべく前の席で。授業中は自分では絶対に気付かなかった事を教えてもらえます。それは勉強法であったり、考え方であったり色々?駿優の授業は本当に面白かったです。
 私はこの一年でとても多くの事を学べたと思います。第一志望の大学にも合格できたし、浪人して本当に良かったと思います。ありがとうございました。

工学部

栃木県 作新学院高校卒
 僕が合格できたのは本当に、駿優のおかげだと思います。現役の時は、どこが悪くて合格できなかったのか分からないまま最後まで同じ大学を受け続けていました。結局、合格できず、一浪することを決め、両親の勧めで駿優に入学しました。
 駿優では授業を通じて自分の欠点は何か、どこを伸ばせばいいかを見つけることができました。基礎レベルの授業は3ヶ月だけでしたので最初は大丈夫かなという心配なところもありました。しかし個性的な先生達が工夫を凝らした授業をするので、その心配はだんだんと消えていきました。また、授業中や復習をしているときに疑問があっても気軽に質問にいけたのも良かったです。先生に聞くことで理解をさらに深めることができました。自分にとっては、このような良好な環境のおかげで合格につながったと思います。
 また、自分自身が最後まであきらめなかったことも合格につながったと思います。模試の結果が思わしくなくて心が折れそうになったときは、先生方や担任の先生の言葉を思い出して頑張りました。
 駿優でよかった。この1年のことは決して忘れることはないと思います。