1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 法政大学(社会学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

社会学部

栃木県立大田原高校卒
 私は去年、当時滑り止めと考えていた東洋大学に補欠という(しかも結局不合格でした)とても不安な状況で、この駿優での浪人生活が始まりました。知り合いが誰一人いない状況で、片道1時間以上かかることにも不安や心配がありましたが、一生懸命にやり、慣れていくうちに成績も上がり、友達も増え、大変充実した日々を送ることができました。
 ここからは具体的なことについて書いていきたいと思います。まず生活面ですが、‘友達は1人も作らない’とか‘何の楽しみもなく勉強だけしました’などと言う人がいますが、私は全くそんなことはなかったです。まず予備校内に友達や仲間は絶対に作った方がいいです。話しているとリラックスもできますし、お互いに切磋琢磨しながら成長できると思います。息抜きに関しては、私は家に帰って勉強が終わったらTVも見ましたし、通学中に音楽なども聞くなどしていました。適度に何かしらの息抜きをしないと、いつか限界がくると思います。少なくとも私もそうですが、精神的に自分で弱いなと思う人はそうすることをおすすめします。
 次に勉強ですが、基本は先生の授業を聞き、予習復習すればある程度大丈夫だと思います。ただ一つ気をつけて欲しいのは、駿優の先生方の授業はとても分かりやすいので、授業を聞いただけで理解したように感じますが、それだけではまずいです。理解したつもりになっていても、いざ実戦となるとできないことが私の経験上でも多々あります。結局、自分でやるかやらないかに尽きると思います。
 最後になりますが、この一年間様々な面で支えてくださった駿優の皆さんと両親のおかげで、人間的にもすごく成長できた1年でした。ありがとうございました。