1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 獨協大学(外国語学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

外国語学部

福島県私立尚志高校卒
 一年休学してから転入した通信制高校と駿優予備学校に同時に在学して勉強したことが私と他の予備校生との違いでした。通信制高校は高卒資格を得るための学校で、それとは別に自ら受験勉強に取り組むことが難しかった私に、予備校入学は必要でした。
 駿優は私にとって受験のために学ぶ学校であると同時に、受験に向かって切磋琢磨できる仲間との場所でした。頑張りたいことを共有できる友達との出会いは、今年一年で得たかけがいのない財産です。予備校と高校とはそれほど離れていなくて、近い距離に別の性質の居場所が存在することが印象的でした。皆が自分のために努力する予備校という場所が大好きでした。
 それまで全くと言っていいほど勉強してこなかったので、入学当初の成績は酷いものでした。思うように成績は伸びず、わからないことも多かったので、先生のところに頻繁に質問や相談に行き、そのたびにたくさんの言葉をかけてもらいました。心から尊敬できる先生にも出会え、勉強以外のことも教えていただきました。
 今思い返せば一年に満たなかった受験勉強の期間で、志望校に必要だった教科は、最終的に偏差値は10以上伸びました。一年を振り返ったときにやはり東日本大震災は外せませんが、そんな環境の中で未来につながる一歩を踏み出せたのは、間違いなく駿優予備学校のおかげです。不安だった通信制高校との両立も、先生方に気遣っていただき、無理なくこなすことができました。大学ではより学問に邁進し、大好きな英語を生かせる仕事に就きたいです。
 成績向上のためには、未来を想像する力と根性が必要だったと感じています。初心を忘れず、目標のために努力してください。駿優予備学校で過ごす一年は、必ず人生の引き出しになります。駿優予備学校で学ぶことができてよかったと心から思います。