1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 青山学院大学(文・経済学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

文学部

福島県立安積高校卒
 1年間の浪人生活を終えてまず思うことは、浪人って悪くないなということです。確かにストレートに行きたい大学に行くことに越したことはありませんが、浪人という経験は受験生全員ができることではありません。色々な意味で貴重な経験であると言えます。
 それでは浪人のメリットとは何でしょうか。私にとっては物事を深く考えられるようになったことでした。それまでの私が無知すぎたこともありますが、駿優は大学で「学問」をするための準備をしてくださったと思います。先生方に質問に行けば、私たちが納得するまでとことん付き合ってくださるだけでなく、偏差値だけではわからない大学の情報も教えていただくことができました。
 始め私は明確な志望校がなく、やる気だけが空回りしていました。しかし、駿優で学んでいく上で「この大学にどうしても行きたい!!」という大学も見つかり、それに合った勉強法も実践できました。また、あらゆる問題を批判的に見て考察する力もいっそう養われたと思います。志望校に合格することはゴールではなく、むしろスタートです。ただ受験勉強をするのではなく、大学へ入学した後のことまで考えると「駿優で学んだこと=浪人のメリット」と言っても過言ではないでしょう。
 絶望的な新年度を迎えた昨年から1年経て、私は自分の成長をわずかながらも実感しています。駿優での1年をただの思い出にせずに、その経験を活かして大学生活に役立てていきたいです。
 最後に、お世話になった全ての方々に・・・ありがとうございました!!
福島県立白河高校卒
 まず初めに、講師の先生方、職員の方々、お世話になりました。常松さんにはいろいろと丁寧に大学を調べてもらってありがとうございました。さて、これから書く内容がこれを見た人の力に少しでもなればいいと思っています。僕の場合、行きたいと思っていた大学すべてが不合格でした。それから毎日が憂鬱で、ひどい脱力感、自己嫌悪でした。しかし最後の発表で第一志望であった、青学で奇跡が起き合格となりました。今思えば、毎日毎日学校へ通い、必死に学び、必死に合格への努力を積んだ日々の行いの「軌跡」が「奇跡」へと変わったと思います。奇跡は何もしていない人には起こりません。努力した人に起こるものです。努力をすれば報われるを疑っている人、この僕が真実であると証明しています。だから、この一年間で夢への第一歩を実現しようとする心の灯火を持ち続けて下さい。
では具体的な勉強方法などについて。まず、自分流の学習のサイクルを確率(一日何を、どれくらいは最低限行うなど)すること。自分流の学習方法(英文法の闇雲な暗記、授業を受けず、ひたすら自主勉など)から早く抜け出すこと。必ず予習(行わなければ家で寝ていた方がまし)をすること。以上が前提であると思います。そして講師は受験のプロであるので、助言などを聞き入れることです。一日一題は英文を読むべきです。一度読んだ英文を読み直すことも充分に力になり、語彙も身に付くはずです。
 現代文にも数学と同じように解法が存在します。入試はその解法さえ使えばいいのです。古文では先生の説明をよく聞いて、量をこなし慣れていくことがいいと思います。そして古語単語は漆塗のように一冊の単語集をくり返しやること。
 社会科目は書いて覚えることが一番で、あとは駿優のテキストと授業を受ければ問題なしでしょう。
 ここで青学を志望する人へ。青学では日本史は易しい方なので基本語はきちんと漢字で書けるようにし、点数をできるだけ落としてはいけません。やはり大きく差がつくのは英語らしいです。時間的な問題や英作文など大変ではあるけれど、やりごたえがかなりあります。英作文は、添削してもらい、日頃からこれはどう表現するかを考えるといいでしょう。そして長文はスピードリーディングの練習、和訳では文構造を意識して取り組みました。社会、国語で出来るだけ点を稼ぎ、英語で踏ん張れば合格しますよ。おそらくこれから駿優で学ぶ皆も、僕と同じように不安や苦痛の中で学ぶでしょう。そんな時は自分なりの息抜きを見つけメリハリをつけて、また明日頑張って下さい。強い意志を持って一年間頑張った人には、必ずいいことがあります。一年間、体調に気をつけて来年には、僕のように奇跡もしくは余裕で、○○というあの文字を手に入れて下さい。
栃木県立大田原女子高校卒
★まず、寮について
 寮生活は本当に楽しかった。寮前の空き地でバレーをしたり、夕食後近くの公園にみんなで散歩に行ったり。今思い返すと、キラキラ光る思い出ばかりです。親元を離れ辛いことも多かったけど、その分家族ではない誰かと心を向き合わせて付き合うことの大切さを知りました。

★駿優について
 駿優は、講師の先生方、担任の先生、スタッフの方々との距離がすごく近い。だから講師室にも入りやすいし、質問しやすい。こんな良い環境、そして質の高い講師の先生方が揃っているのに質問しないのはもったいない。分からないことがあったら、その日のうちに質問。何回でも質問。嫌がられる程質問しましょう。

★講師の先生方について
駿優の先生方は全員好きです。

経済学部

福島県立郡山東高校卒
 高校の評定平均は「2.8」、地元の理系の大学にすら落ちた僕が大学に合格したのは駿優のおかげです。
 浪人して文転したのですが、偏差値27を叩き出した古典と、高校で地理選択だったために、ゼロから始めた世界史が弱点でした。そんな状態でしたが、駿優の授業をしっかり聞き、テキストの予習復習を完璧にこなすことで、センターでは古典八割、世界史は九割を得点することができました。また、英語も偏差値は60を超え、自分でも信じられないほど成績が伸びました。
 駿優の授業はすばらしいです。でもやはりそれを生かすためにも、自分でコツコツと勉強しなけばならないのは言うまでもありません。私は毎日九時間以上は勉強したはずです。勉強の絶対量はやはり重要です。講習なども、特に夏は大量に受講したほうが良いでしょう。女と遊んでいる暇はありません。
 浪人生活は辛いです。何度泣きべそをかいて齋藤先生をはじめ教務の方々にアドバイスを求めたことか…。本当にありがとうございました。