1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 金沢大学(理工学域)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

理工学域

福島県立郡山高校卒

この一年を振り返って

 この度、第一志望の金沢大学に合格する事が出来ました。この大学には人一倍こだわりがあったので、合格発表で自分の番号を見つけた時は、本当にうれしかったです。
 高校二年生の時にオープンキャンパスで受けた模擬授業や施設見学するにあたり、絶対にこの大学に行きたいと思うようになりました。そこからこの大学に向けて真剣に取り組むようになりました。
 現役三年生時のセンター試験でE判定にも関わらず浪人覚悟で受験しましたが、やはり結果は不合格で駿優に入学しました。授業を受けてみると最初持っていた根拠のないイメージがひっくり返されました。講師の方は東京で活躍されている方々で全国レベルの授業を受けることができました。具体的には、今までと全く違った観点から問題にアプローチしたり、より深い理解を目的としたり、その時の生徒の様子にあわせて鼓舞してくれたり、授業に集中できる工夫までしてくださいました。
 それから、前年の受験の問題点の追求と研究をした際にも、講師の先生に協力してもらったことが今年の成功の決め手となったと思います。ですから過去問研究には講師の先生方に相談してもらうことをオススメします。単調な毎日を繰り返す予備校生活においては、どうしても気がゆるんだりすることがあります。そのようなときに担任の先生の定期的なホームルームによって、受験に挑む姿勢を正し、一層気を引き締めて挑めました。それが長期間戦い続ける力となりました。
 このように、駿優は学習面だけではなく精神面においてもとても充実した環境でありました。この一年間は大学受験のみならず、これから生きていく上で大事なことを多く学ぶことができ、本当に良い経験となった一年でした。また、つい辛いと思われがちな浪人生活ですが、新たな発見や成長を実感できて楽しいとさえ思えた一年でした。是非行きたい大学がある人は目標達成のために駿優で有意義な一年を過ごしてください。最後に、全力で支えてくださった先生やスタッフの方々に心より感謝します。ありがとうございました。