1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 大阪大学(工学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

福島県立安積高校卒
 今回、寄稿するにあたってあらためて自身の恵まれた環境を思わずにはいられません。親切にご指導をいただいた駿優講師陣の皆様方、共に受験を戦った友人達、そしていつも支えてくれた家族にはとても感謝しています。
 さて、雑文ではありますが、これから私自身がこの受験を通して考えたこと、体験したことの一部を述べさせていただきたいと思います。一人の受験生として参考にしてもらえれば幸いです。
 昨年、現役生だったころ私は東北大学に不合格でした。当時を自分自身で反省すれば、やはり勉強不足というのが一番の原因だったと思います。特に数学は、本番ではほとんど白紙で、ひどく落ち込みました。そして、そのような才能のない自分でもやっていけるのか、不安を持ちつつ駿優に入学を決めました。駿優に決めた理由は初めは単純で、お金が比較的かからないということでした。家から通える駿優は大変魅力的だったのです。しかし、いざ入学してみると、授業の質が高く、自身の成長を実感できる毎日でした。
 また、授業だけでなく、講師の方々に個人的なご指導をいただけた点も力をつけることができた大きな要因だったと思います。特に、二次試験直前では、英語や数学の過去問の質問や添削をしつこくお願いしてしっかりと自分のものにすることができました。講師の方々にも「どんどん質問をするように」と言って頂けたので現役生のころはあまり先生と話をする方ではなかった自分でも気軽に相談することができたと思います。
 受験は難しいものです。しかし、だからこそやりがいがあり、私はこの一年でたくさんのことを学びました。駿優はきっとその熱意を支えてくれるでしょう。駿優生の健闘を祈ります。