1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 山形大学(工学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

福島県立白河旭高校卒
 私ははじめ、浪人するなど考えていませんでした。現役の受験で結果がでなかったら、すべり止めの大学にいくことになっていました。しかし家族の後通しもあり、もう1年頑張ることになりました。訳あって5月からの入学だったのですが、1ヶ月程予備校に通っていると、毎日が、電車に乗り学校へ行き、学校が終わるとまた電車に乗り家に帰る、という変化のない日々が続き、目標が薄れていきました。まして私の場合、予備校に入る時点で志望校も決まっていなかったので、さらにマンネリ化が続いていきました。予備校に入ると決まった時点で明確な目標と計画を立てるべきだと思います。駿優の授業では、前期に高校3年間分の内容を習慣という形で、さらに高校の時よりもくわしく説明してくれます。高校のときに、理解できずに暗記してしまっていた箇所などもたいへんわかりやすく説明してくれますし、入試頻出の問題や用法なども教えてくれます。無駄な時間がありませんでした。反省点としては前期の問題のやり残しが所々あったことです。このやり残しが後期の実戦演習に響いてくるので注意が必要です。後期の授業は実戦演習がほとんどを占めると言われていたのですが、案外、問題のポイントとなる基礎について解説していただいたので大変助かりました。夏期・冬期講習では受ける授業以外の時間が多くなります。家でやろうとせず、毎日学校に来て勉強をするという習慣が大切だと実感しました。
 最後に一年を振り返って自分としては希望する学部に入ることができず心残りな部分もありました。「もう少し頑張れば…」「計画をしっかり立てていれば…」など反省すべき点はいくらでもありますが……。浪人すると決めたみなさんも私と同じように、同級生が一歩前進しているのに、自分が足踏みしていることへの苛立ちや何度も訪れる「自分は頭が悪いから…」「これくらいでいいや…」などの言い訳が頑張ることをやめてしまう原因になります。それらの事を断ち切り、一年後の勝利を掴んで下さい。