1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 岩手大学(工学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

工学部

福島県郡山高校卒
 僕は文章を書く才能がないので、一年間で感じたことや応援メッセージを書きます。
 僕が唯一与えられるアドバイスは、講師や周りの人の話をよく聞け、という事に尽きます。高校の友達がⅠ類からスタートした中、僕は基礎コースに所属しましたが、一年を通して全く負い目を感じませんでした。講師の先生方は、その教科の本質や学問の楽しさや深みを教えてくれます。どの先生にしろ真剣に話を聞いていれば自ずから道が開けてきます。だから絶対に人の話は積極的な姿勢で聴いて下さい。講師を選ぶ必要は全くありません。結局本質は同じ内容であるからです。
 一つアドバイスを加えるとするならば、おそらく皆さんの大半は、この一年は今までで最も喜怒哀楽の激しい一年になると思います。僕も同じでしたが現役の時より絶対にこれからの方が大変になります。精神的にも肉体的にもきつくなると思います。その時は、担任や講師の先生や友達と話すだけでも楽になります。大丈夫です。周りはみんな悩みを聞いてくれる人たちばかりですから。受験は一人では絶対に乗り切れません。だから悩んだらみんなに相談して下さい。周りの友達もあなたと同じ状況の人が多いはずです。また心が落ち着きます。
 最後になりましたが、絶対に諦めないで下さい。僕はセンター試験を派手に失敗したので、「お前はもう死んでいる」ような気持ちになりました。友達が自分より点数が良くて悔しかったけど最後まで僕は自習室で粘りました。第一志望には入れなかったけど、自分なりに満足のいく結果は出せました。最後まで努力すれば、いい結果は生まれてきます。諦めないで下さい、絶対に。
 僕は自分の名前がロビーの壁に貼られた時の喜びを今も忘れていません。皆さんもぜひ頑張って合格して下さい。あと蛇足ですが受験日は間違えないで下さい。恥ずかしいですよ。
福島県福島高校卒
 大学浪人おめでとうございます。自分の友人が大学へと進学する中、辛い浪人生活が始まる訳ですが、この不況の中就職の道を選ばず、もう一年駿優で大学受験を選んだ方々は、ほぼ正しい選択であると言えます。
さて私が駿優を選んだ理由は単純で、ただ単に自宅から通えるからというものでした。まあ、仙台の大手予備校でも良かったのですが、交通費や授業料など経済的な面や、後に皆さんもご理解して頂けるでしょうが、少人数制による授業力の差というものを考えてみると、駿優で良かったと思います。
 次に駿優での授業についてちょっと。理系科目、つまり数学・物理・化学に関しては正直、高校の授業よりも、かなり面白く分かりやすいと思います。特に物理を選択している方。我々は数学で微積を習う前に物理の授業が始まってしまうので、イマイチな表現で書かれている教科書は型にはまった漠然としたものに見えますが、高校数学を一度履修した浪人生は、駿優の授業に衝撃を受けます。この感動は実際に授業を受けてみないと分からないと思います。と言うか受ければ分かります。是非ご堪能あれ。これは数学についても同様のことが言えます。数学を暗記で乗り切ってきた人たちは根本から覆されることと思います。一つ付け加えておくと、駿優の数学は講師によっては高校数学の範囲を超越する内容が多々ありますが、どれも非常に便利なので頑張って習得して頂きたい。それから英語の授業も凄い。英語は単語を暗記する科目だと思っている人は、ここでその考え方を打ち砕かれることでしょう。例えば、なぜ英文は文型を取るのか。なぜ先に意味、つまり日本語にしてはいけないのか。等々、高校とは全く異なる授業内容に英語の見方が変わること間違いなしです。まあ、駿優の英語の講師陣は個性が非常に強いので慣れるまで大変でしょうが・・・。とにかく授業はかなり良いです。特徴の一つとしては、高校の授業同様、講師に指されるという点です。あの緊張感は他の予備校では味わえません。是非体験してみて下さい。
最後に助言を。とにかく全教科予習復習が必須です。特に復習に労力を費やして下さい。その時に大切なのが、駿優の教材以外に手を出さないことです。色々手を出すより同じものを繰り返した方が効果絶大です。これは自分の経験上、信じて良いと思います。それから進路の悩みは遠慮せずに担任に相談することです。春・秋二回の面談だけでは足りないと思います。以上の事はあくまでも参考程度に。後は自分に合った勉強法で頑張るのみです。こんなに長い文章を最後まで読んでくれてありがとう。皆さんが来春見事に栄冠を勝ち得ますよう心よりお祈り申し上げます。浪人は結構楽しいですよ。