1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 福島大学(理工学類・共生システム理工学類)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

理工学類

栃木県立黒磯高等学校卒
 目標だった国立大学も不合格になり浪人してもう一度目指すか、合格している私立大学にするか迷った末に浪人の道を選んだ一年前の選択は間違いはありませんでした。一年前を考えると一年後の今、本当に頑張って良かったと思います。
 授業はできるだけ休まず受けて、わからない所は必ず復習をくり返し苦手教科は毎日やることを決めていました。先生方は授業に対して力がこもっておりわかりやすく教えてくれるので苦手教科も少しずつ理解できるようになっていきました。模試の成績はすぐには上がりませんが、とにかく前向きに、毎日の積み重ねが大切だと思い、苦手分野の克服に重点をおきながら勉強しました。
 前々から十月下旬にAOの入試があることを知っていましたが、担任の先生と相談し二回のチャンスに挑戦することに決めました。AO入試は大変難しく今までの勉強をしながら「テーマ」に基づいた発表を考えるのに時間がかかりました。完成したとき三沢先生に聞いていただき指導を受けることができました。駿優ではAOの対策も指導していただけます。人前で話すのが苦手でも自信を持ってやれば必ず合格できます。それ以来私は、自信がつきセンター試験では、昨年の苦い思いを振り払うように自分でも信じられないような点数をとり、改めて駿優で頑張って良かったと思いました。
 私のように大学受験に対して安易な考えで合格できるだろうと思っていては失敗します。どこかで頑張らなければ良い結果はでません。
 半信半疑に思っていた「行きたい大学」は絶対に行けることが実証できました。
 たくさんの先生方、本当にお世話になりました。

共生システム理工学類

福島県立郡山東高校卒
 高校に入ってから、まさか自分が浪人するなんて思ってもいませんでした。学校のテストさえ良ければ推薦で大学に入れるだろうという甘い考えで三年間、部活に熱中していました。今、考えてみると浅はかな考えだったと改めて痛感しています。
 部活を引退して受験勉強シーズンになった時、僕はものすごい不安と焦りを感じました。各教科、分からない問題・公式が次々と出てきたからです。授業でセンター演習が行われ始めると全く点数が取れませんでした。そのままズルズルと日が過ぎていき、センター試験を受け、最悪な点数を取って国公立の二次試験を受けました。もちろん不合格でした。それと同時に部活で負けたことより強い悔しさが込み上げてきました。すぐに駿優へ駆け込み、リベンジを決意しました。そして浪人生活がスタートしました。
 勉強することは嫌いではなかったのでとにかく前期は配布されたテキストをやりこみました。夏頃の模試は成績が順調に上がり、基礎を固めるだけでこんなに違うものかと実感しました。後期はセンター演習も加わり、本番に向けて仕上げの作業がメインになってきました。自分は国公立専願のため、二次試験の勉強も並行してやっていたので、振り返ってみるとこの時期が一番辛かったように思います。センター試験はまずまずの点数でしたが、二次試験は自信を持って解答でき、難しいとは感じませんでした。合格発表までは気が気でなりませんでしたが、自分の番号を見つけた瞬間は解放された気持ちになりました。
 僕が合格した要因は二つあると思います。一つは前期のテキストを何度もやること。これは何回やってもプラスになるので今年の駿優生にもオススメです。もう一つは二次試験の勉強です。高校生の時はあまり時間がとれなかったのでこれだけでも随分変わりました。