1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 東京農工大学(工・農学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

工学部

福島県立尚志高校卒
 自分はこの一年間浪人して非常に良かったと思う。一般的には浪人するということはマイナスなイメージがあると思うが、決してそんなことはないと言うことをこれから浪人する人に伝えようと思う。
 入学当初、自分は駿優に対してあまり期待をしていなかった。というよりむしろ予備校というものに期待を持っていなかった。どうせ高校の時の授業より少し分かりやすい授業をしてくれるだけで、高校時代の勉強とさほど変わらないものだと思っていた。しかし実際は全く違うものであった。正に次元が違うと言った感じだ。すべての授業が「本質」を教えてくれるものだった。特に数学と英語についてはそれは顕著なものであった。高校時代の数学の授業は、ただ教科書を読み進め、公式が出てくればその公式について少し説明をして、後はそれを覚える、といったような極めて事務的なものであった。しかし駿優での授業は違った。徹底的に本質を求めるものであった。なぜこの公式が出てくるのか、この公式がなぜ必要とされるのか、なぜこの考え方が出てくるのか、といったことをくどいくらいに教えられた。時にそれは、大学で学ぶ数学の域にまで達していた程であった。でもそれは自分にとってはとても嬉しかった。今まで分からなかった本質が分かるようになり、数学に対して非常に興味を持つことができるようになったからだ。
 また、英語に関しては、文法では冠詞から始まり、動詞、形容詞、接続詞と品詞ごとに非常にこと細かく説明してもらったり、長文ではその長文のテーマについての知識や背景の説明により、非常に深い理解が得られた。時に長文では、英語というよりも地歴公民の今まで知らなかった事実等を教えてもらう事の方が多く、学問だけでなく人間としても大きく成長させられたと思う。他にも多くのことを学んだが、ここではこのぐらいにしようと思う。
 次に担任の先生についての話もしようと思う。自分の担任の先生の三沢先生には本当にお世話になった。三沢先生のアドバイスがなければ自分はまともに大学に行けてはいなかったと思う。ここまで親身になってくれる人が担任で本当によかった。
 最後に、これから駿優で浪人する人に言いたいのは、絶対に最後まで諦めてはいけない、ということである。どんなに醜くても最後に合格さえすればよいのだからどれほどの醜態をさらしても合格に比べればとても安いものである。最後の最後までしがみつき続けた人が勝利を手にするのだと思う。だからみんなもこの一年間、必死にしがみついて頑張って下さい。

農学部

福島県立会津高校卒
 思えば一年前、目標だった国立の大学に落ちた時は本当にショックでした。一応、自分なりに勉強はちゃんとやってきたつもりでした。得意だと思っていた化学が失敗して、今までやってきたのは何だったのかと落ち込みました。でも、今考えてみると、色々と自分の弱点というか受験するために足りないことがあったのだと思えます。
 駿優の授業はどれも魅力的で素晴らしいものでした。だから、先生方の言った事をきっちりやって授業を大事にし、少しも聞き漏らさないようにと頑張れば、それでいいと思います。分からないことがあればそれを分かるまでやってきちんと理解すれば独りでに合格に近づいて行くのだと、一年間学んで思いました。
 一年間勉強するにあたり、自分は学生寮に入りました。通うには通学時間がかかり大変という理由でしたが、寮で過ごせて本当に良かったと思います。それは、勉強に集中できる場所だからです。自分の好きな時に好きなように勉強できる場所でもあります。夜遅くまでやって、なかなか朝起きられないこともありました。勉強時間は必ずしも頭に入れた勉強量と比例しません。疲れたら早く寝て、時には夜遅くまでやって自己管理をしっかりとして過ごすのも大変でした。
 あと、勉強の方法について自分がやったことについて述べてみたいと思います。できたら、参考にして欲しいと思います。まず、浪人生の目標は大学に合格することです。なぜ、今回の受験で自分が落ちたのかを考えることは大事なことだと思います。落ちたのには色々理由があるはずです。例えば点数が取れなかったからとか。これにも理由があるはずです。得意科目で点が取れなかったとか、対策が不十分だったからとか。その根本まで細かく分析してみて、一年間でやることはそれを直すことだと目標に決めてスタートすれば必ず合格に近づくと思います。
 得意科目を伸ばして良かったと思います。得意科目があれば、どんな問題が出ても満点を取る位の気持ちでいると本番でも少し余裕が持てると思います。
 センター試験を失敗して国立大を受けることが出来ないということが無いように、時間配分を意識して問題を解くなど早めに対策をとるのが良いと思います。
 最後に、ある先生が言っていたことですが、普通のことを普通にやった人が合格するんだと思います。近道は、自分で理解して忘れないように工夫することです。