1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 国立看護大学校(看護学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

看護学部

私立日本大学東北高校卒
 合格体験記として、私はふさわしい文章を書くことが出来ないかもしれませんが、この合格体験記から、これから浪人生活を送ろうとする皆さんが何かを得て、少しでも励みになれれば幸いだと思います。
 私事になりますが、私の浪人生に至るまでの道のり、浪人してからの一年間について話したいと思います。私は、高校入試で失敗して、地元の私立高校に通うことになりました。そして、その高校で、私は、私なりに三年間一生懸命勉強してきました。しかし、センター試験で思うような点数がとれず、志望校を下げ、自分の行きたくない大学を仕方なく受験した結果、不合格でした。その時、こんなに頑張ったのに、落ちるなんて、私は自分が世界一不幸者だと思いました。しかし、今思うとその言葉は大げさなもので、全てにおいて自分自身に甘かったのだと思います。そして、私は浪人することになりました。最初は、私は、仙台のK塾やS台などの大手予備校に通おうとしていました。しかし、浪人を許してもらって、さらに親に大きな負担をかけたくないと思い、最終的に家の近くの駿優に通うことに決めました。ただそれだけの理由だったので、入学当初、私は、本当に成績が上がるのかなど、不安が少しあり、はっきり言って、あまり期待していませんでした。
 しかし駿優に通うことになり、その不安はすぐに打ち消されました。駿優の授業では、前期に基礎的な知識の説明が行われるため、前期のうちに、私の誤った知識やあやふやな知識をきちんと修正することができました。そして、先生方が生徒一人一人の質問に親身になって答えてくれるので、分からない問題でも簡単に理解することができました。特に、私は、浪人して初めて生物を習ったのですが、生物の吉澤先生は、とても分かりやすい授業を行ってくれたので、すぐに馴染むことができました。また、私は、毎回授業が終わった後に、その授業で分からなかったところをちゃんと理解するまでしつこいくらいに質問し、完璧にしてから帰宅していました。私は、浪人生活の中で、受け身でいるのではなく、自分から積極的に行動し、駿優をフルに活用することは、とても大切だと思います。そうでなければ、両親に高い学費をせっかく払ってもらっているわけだし、もったいないと思います。
 私は模試の結果が返却されて、毎回少しずつ点数が伸び、徐々に志望校に近づいていることを実感しました。高校時代に、E判定だった大学もA判定となり、とても順調に進んでいました。しかし、私はまた今年のセンター試験でも失敗してしまいました。その瞬間、私は目の前が真っ暗になりました。もちろん、模試でA判定だった大学は、センターリサーチでは全てD、E判定となってしまいました。それからは、センター試験の結果を受けとめるしかなかったので、点数を利用しない志望大学にすべてをかけました。その大学は、倍率が高く、二次試験まであり、赤本を解き始めるのがとても遅かったため、受験前からとても不安でした。さらに、私は、一次試験の前々日にめったに出ない高熱を出してしまいました。その時、私は、自分は本当に運が悪いと思いました。しかし、次の日には、驚くことに、平熱まで下がり、なんとか無事に受験することができました。一次試験は、筆記試験で、全く受かる自信がなく、とても心配で、発表をなかなか見れずにいましたが、見事通過し、二次試験の面接も合格することができました。私は今までの努力が報われたと思い、とても嬉しかったです。
 最後になりますが、私を支えてくれた両親、先生方、担任の三沢さん、共に励まし合い頑張った友達、一年間ありがとうございました。
福島県立白河高校卒
 私が駿優に決めた理由は、家から通えて先生方の授業を直接受けられるからです。単純な理由ですが駿優に入り大成功でした。
 まず駿優の授業はとても分かりやすい!いきなり問題を解き始めるのではなく、基本事項から教えてくれるので、今まで自分はどこが分かっていなかったのか、どこが曖昧だったのか振り返りながらの勉強が出来ます。授業を受ければ受けるほど、反省すべき点、新しい発見があり楽しかったです。私は生物を駿優で初めて学んだのですが、吉澤先生は教え方も口調も丁寧で、生物で受験を乗り切れるまでのレベルまで上げてくれました。全ての授業について書くときりがありませんが、どの授業も自分にプラスになる素晴らしいものばかりです。
 しかし、いくら授業が良くても学んだことを吸収して自分のものにしなければ無意味です。講義を受けた直後は完璧に理解できた気分になりがちですが、一回習っただけで身に付けることは困難です。しばらくすると大抵忘れてしまいます。だから私は復習を心掛け、予習よりも復習に重心を置きました。「その日の知識、その日のうちに♪」が理想ですが、これは想像以上に大変なことなので、空き時間や授業の無い日曜日を利用していました。
 駿優の職員の方々はとても親しみやすいです。それにせっかく各教科のエキスパートに教わっているのに遠慮して質問しないのは勿体無いです。私は数学でよくつまずいたので、石神先生にはお世話になりっぱなしでした。ご飯中でもどんな時も質問に応じてくれ、納得するまで説明してくれて本当に助かりました!
 また、医療・看護系に必要な小論や面接の対策も駿優は抜かり無く行ってくれました。添削された小論文は自分の文章の至らない点が良く分かります。そこを踏まえて何度も見直して、次の課題に取り組むようにしました。面接は三沢先生が医療の現状や上手な答え方など、面接の秘技をきちんと伝授してくれます。私はこの練習があったからこそ、本番で自身を持って答えられたのだと思います。
 このように、駿優はやる気がある人にはとことん最後まで付き合ってくれる素晴らしい予備校です。私はここでとても有意義な一年を過ごすことができました。浪人は恥ずかしいことでは決してありません。今の自分の結果に満足していないのなら、納得がいくまでとことん勉強すれば良いんです。私は駿優で、大学で学問を勉強するための土台を築くことができました。なんとなくあやふやな知識ではなく、確実な知識と自信を持って大学へいけます。
 最後になりますが、各科目の先生方、三沢先生、優しく接してくれた職員の方々、本当にありがとうございました。駿優のおかげで最後までエンジン全開で頑張れたのだと思います。駿優で得たもの、一生忘れません!