1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 北海道大学(水産・工学部・総合理系生物重点)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

水産学部

いわき秀英高校卒
 僕には目標にし続けてきたことがあります。北海道大学の水産学部で学ぶ。これを初めて意識したのは、僕が小学校高学年の頃まで遡ります。
 それほど思い入れが強い大学だったので、現役の時には、入試を受けることが出来たことだけで満足していた節がありました。
 しかし、ここにこうして合格体験記を寄稿している通り、結果は不合格でした。かなり悩んだ末、浪人することにしました。
 ライバルが身近にいることで、モチベーションが高く維持できるということは大きい事だと思います。
 僕は負けず嫌いなので、この一年はかなり周りに高めてもらったように感じます。
 今考えれば、あいつにだけは負けたくない。そういう気持ちが折れずに頑張れた一番の原動力だと思います。
 また、予備校の教務の先生方の意識がしっかりしているのも良かった点です。
 特に担任だった三沢先生には受験直前までご指導していただき、本当に助かりました。少人数できめ細かい指導が出来ることは、ローカルな予備校の強みではないかと思います。
 僕の合格は、こういう事の結晶だと思います。
 ここまで、本当にたくさんの方々にお世話になりました。
 予備校の先生方はもちろん、友人や家族のサポートが無かったら、ここまで来られなかったと思います。
 この場を借りましてお礼申し上げます。
 ありがとうございました。
 駿優の後輩の皆さんへ、合格に必要なのはまず気持ちです。
 自分の夢を諦めずに、最後まで追いかけて欲しいと思います。
 僕も新しい目標に向け、精進したいと思います。

工学部

福島県立福島高校卒
 私は駿優で浪人して本当に良かったと思います。去年、国公立大学志望にもかかわらず、センター試験の結果が516点(900点中)で、もちろん受かる大学なんて一つもありませんでした。しかし今回、現役の時には考えられないような大学に合格することができて、感動するとともに自分自身とても驚いています。この感動をあなたにも味わってもらいたいので、アドバイスを少々。
 まずは、授業は前の席で受けること。これが、定期試験で5点という点数を取ってしまうほど苦手だった数学を、”得点源“にまでさせた理由です。
 次に、計画的に勉強するということです。今月は化学に力を入れよう、夏までに苦手を克服しようとか、大まかでいいのでこの一年をどう使うか考えながら勉強してみてください。あとは苦手科目は早めに手を打ちましょう。私は夏休みまでずっと数学ばかり無計画にやっていたために、後半は苦手な化学と英語にとても苦しみました。皆さんはそうならないようにしてください。
 後は、予習→授業→復習というのを一年ずっと実行してください。私の場合、予習の時に解ける問題がほとんどなかったので、問題文を読んでその日授業でやる内容をざっと確認するだけにしてしまいました。その代わり、授業は前の席で受けて、先生が言ったことを全部吸収しようと思って授業に臨んでいたし、復習もかなり丁寧に行いました。もしそこで少しでも分からないことがあったら、講師の先生に聞きましょう。とても丁寧に教えてくれます。
 それから、どんなに模試の成績が悪くても途中で第一志望をあきらめてはいけません。私の場合、センターリサーチの総合評価がC判定(センター試験の結果のみだとちょうどボーダーラインくらい)で担任の先生にも止められたけれど、「一年こんなに頑張ったのに、ここで下げたら絶対後悔する。」と思い、この大学に出願しました。さらに私は、滑り止めである私立も全て不合格でした。こんな不安要素がたくさんある中でも試験前は「こんなに努力したのだから大丈夫。分からない問題が出てきてもそれは全員が分からないはず。」という自信がありました。そのため、試験中は冷静でいられました。この自信を支えていたのは、今までやってきた努力だけだと思います。
 最後に、浪人をさせてくれた両親、私のことを応援してくれた人たちにはとても感謝しています。そして、駿優で浪人しようと決めたあなた、この選択肢はきっと正解です。それを“合格”までもっていくのは自分自身です。今まで生きてきた中で一番頑張ったと言えるくらい、この一年間頑張ってください。

総合理系 生物重点

福島県立安積高校卒
「駿○に来て、いや、来たからこそ、合格できたんです。」
 ○に入る文字はもちろん“優”です。自分が一年間通い続けて、ここ“駿優”は学ぶ環境として、とてもよかったし、個性派揃いの講師の方々も素晴らしいし、学校ではない“予備校”という場で過ごせたことは、自分にとって大きな財産となりうると実感しました。勉強するには時間が必要ですから、自分もそうでしたが、娯楽などの大部分を削らなければいけなくなることでしょう。でも、つらいからといって、この一年間をなまけていたら、一生後悔するはずです。
だからこそ、駿優を信じて前向きに勉強してみて下さい。努力は報われます。あきらめず、夢を追いかけ努力する人にしかほんとうの幸せって味わえないと思います。よく言われますが、“大変”とは、大きく変わると書きます。この一年は苦労が多いとは思いますが、合格目指して頑張って下さい。