1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 宇都宮大学(教育学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

教育学部

福島県立白河高校卒
 最初に、私が合格するにあたって様々なサポートをして下さった方々に感謝したいと思います。駿優であったからこそ、一年間くじけずに勉強を続けることができたと思います。本当にありがとうございました。
 さてここからは私が合格するに至った駿優の良さを書いていきたいと思います。
 一つめは授業です。内容が本質から入るので苦手科目は一つ一つ理解できるようになり得意科目はさらに奥深くまで中身がつかみとれるようになります。例えば英語は英語の考え方(構造や文型、文法など)で解き、意味から考えることは日本語的な解釈である。英語はあくまで英語、と言われた時はなるほどと思いました。
 二つ目はテキストです。一問一問ごとに意味があり、内容がとても濃いです。そのため何度も復習することによって確実に実力がついていきます。つまり予習、復習を怠らなければ、基礎構築はしっかりとなされます。
 最後の三つ目は、駿優における様々なサポートです。一見、多くの生徒に対し一人の担任では少ないと思われがちですが、実際は一人一人真剣に向き合ってくれます。これはどこの予備校でもないであろう、と思うぐらいです。
 私が在校中に読んだ資料の中で、ほとんどの人が、「駿優で良かった」と書いてありましたが、自分もその一人です。ぜひ後輩達にもその感じを味わって欲しいと思います。
栃木県矢板東高校卒
 こんなにも第一志望に合格するのが難しいと思いませんでした。入学当時の模試ではA判定が出て、正直余裕だと思っていましたが、秋の模試ではE判定。その瞬間、背筋がぞっとしました。もしかしたらダメなのかと思い、私大へ路線変更を考えましたが、担任の先生や家族との相談の結果、第一志望をあきらめませんでした。僕はそのとき”学力が足らないから大学のランクを下げる“というのは、ただの逃げだと思いました。人間、楽をしたいという気持ちはあると思いますが、せっかく浪人したのだから逃げたくなかったのです。そしてこの一年間自分を試そうと思ったのです。この苦難を乗り越えてこそ、未来の自分が充実した生活を送ることができると思ったのです。結果はどうあれ”あきらめない”ということが今後の人生に影響を与えると思います。
 僕がこの一年間駿優で学んだことは、予備校で学ぶことは勉強だけではないということです。講師方の勉強から脱線した話はとても印象的でした。担任の三沢先生との”教育“についての話では自分の夢である”GTS(グレート・ティーチャー)になる“という夢を抱くきっかけともなりました。どんどん自分が成長した一年だったと思います。この浪人生活は僕を変えてくれた大切な思い出です。
福島県立会津高校卒

てさぐれ!

 先生方の授業はとてもわかりやすく、現役のころよりもかなりレベルが上がりました。本当にありがとうございました。
 僕の学力は平均くらいで、当初はかなり高い目標「東北大合格」を掲げていました。だから、東大京大を目指している人たちと同じ勉強するのは、結構きつかったかな?と、たまに思います。でもむしろ同じところで勉強できてよかった!と思うほうが多いのですが。
 実際、将来なりたい職業がある人ってどのくらいいるのでしょうか。僕は高校のころ、ぽかーんとすごし、特に目標もなく、ただ工学系よりは理学部物理のほうがいいかなって思って、山形大で落ちてしまいました。駿優の先生方の影響も結構あると思いますが、具体的に考え始めたのは夏期講習後半あたりからです。こんな風に、生徒を想って面白くわかりやすい授業をしてくれた先生に、僕はこれまで会ったことがありませんでした。だから、またですが高めの目標「教育界に革命を起こす」をここに掲げます。話がそれましたが、つまり言いたいのは、しっかりとした目標を立てることがとても重要だということです。とくに僕なんかは性格的になにも考えなしでやってきて、ここまで生きてましたから、目標を立ててからは以前より集中力もUPできました。
 駿優の授業は基本80分で高校のときよりも長いですから、慣れるまでは少し居眠りを...してしまうかも(汗)しかし大学の授業は90分なので、80分という授業時間はちょうどよかったのかなと思います。また、昼休みが結構長いので、授業の復習、足りなかった予習もできます。ちなみに僕は、浪人してから運動もほとんどしなくなってしまったので、その昼休みに外を走ったりしていました。勉強ばかりで集中が途切れてしまう僕にはだいぶ効果的でした(笑)一年間、この駿優でがんばったおかげで、センター80点あがり(少ないですかね?)二次試験はほとんど解くことができました。様々な面で駿優には大変お世話になりました。新しい自分も見つけることができました。本当にありがとうございました。