1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 山形大学(地域教育文化学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

地域教育文化学部

福島県立安積黎明高校卒
 私は現役の頃、部活動中心の生活を送っていました。定期試験も必要以上の勉強はせず、模試も「なんとなく」で答えを導いていました。そんな中、某有名私立大学の指定校推薦を勧められることがありました。こんなおいしい話はないと思い、推薦を頂こうと思いました。しかし、当時の自分の模試の成績は口が裂けても良い成績とは言えず、入学後の自分の姿を想像した時、その大学の講義についていけるのかという不安に駆られました。そこで推薦を断り、自分の力で大学に入ろうと決意しました。ところが、センター試験では思い通りに点数が取れず、受験校を決めた時は半ば諦めの気持ちが混ざってしまい、不合格という結果に終わりました。そして4月から浪人生活が始まったのですが、とても有意義なものになりました。
 まず講義が素晴らしかったことです。どの授業も「なぜそうなるのか」という根拠を明確にし、深く理解することができました。しかし、授業を受け身で受けているだけでは、講師の先生方から学んだことを自分のものにしたとは言いきれません。予習・復習は必須です。そして、なるべく早く自分の予習・復習のやり方を確立することが大切です。自分のやり方を見つけるには何度も試行錯誤を繰り返すうちに編み出すことができると思います。もちろん、講師の先生方に相談するのも良いと思います。また、受験に失敗していつまでも落ち込んでいてはまわりの受験生に出遅れてしまいます。気持ちは早く切り換え、自分の苦手分野を認め、謙虚に学ぶ姿勢が駿優の授業をより一層充実させることができると思います。
 また、英語と国語は毎日やった方がいいです。これは講師の先生が仰っていたのですが、私は現代文は1日1題、英語は「復習ノート」や英単語の確認を毎日やるという目標を立てて取り組みました。おかげでセンター試験では英語と国語の点数は現役時代よりはるかに伸びました。
 最後になりますが、受験生の1年はあっという間です。毎日が不安で辛い時や、自信がなく自分を信用できないこともあると思います。最終的には全国を相手にするのですが、他人と自分を比較するのではなく、まずは今日の自分は昨日の自分に負けないぞという気持ちでいいと思います。前の日に出来なかったことが次の日にできるようになれば大きな進歩です。その積み重ねによって徐々に自信がついてくると思います。試験までの約10ヶ月間で「信用できる自分」になることは可能だと思います。
 私は駿優に通って、学力だけではなく、精神面の方でも成長することができたと思います。駿優で学べる機会を得られたことに本当に感謝しています。1年間、本当にありがとうございました。
福島県立安積高校卒
 こんにちは。私はこの度、山形大学の地域教育文化学部、生活環境科学コースに何とか合格することができました。なぜ合格したのか?と考えると自分でも謎なところが多いのですが、1番の要因としては、センター試験の英語と国語で予想以上の点を取れた、ということだと思っています。高校時代、私はずっと文系だったのですが、英語と国語の成績は下の下で、成績が思わしくないのは理系科目も同じでも、それら以上に学習については思い悩みました。あくまで私のとらえ方ですが、数学などは「演習を積めばなんとかなる」とあっさり考えられるのに対し、英語、国語は「どこから手をつければ解るようになるか全く分からない」と思っていたからです。けれど、駿優では授業を受けることで、今までのモヤモヤは何だったんだと言うくらい、英語や国語の勉強の姿勢を身につけられました。特に、センター試験対策を中心とした授業は、「欲しい答えがもらえた」という感じでした。また、教務の先生方が自分が学習しやすいスタイルを尊重してくださったこと、授業に関係のないような話でも聞いて下さったことには、本当に感謝しています。
 最後に、自分の経験から学んだことを話します。それは、いくら講師陣が教え上手でも、自分が勉強を怠けてしまっては、成果はほとんど上がらないということです。実は、私は最初に物理学科を志望していたのですが、勉強を怠けてしまった面があり、物理の点数が伸びず、現在の学科に変更しました。「合格するぞ」という強い決意をもって行動できるかは、結局のところ「自分次第」です。私にとってはかなり難しいことでしたが、みなさんならやれると信じています。友人、家族、先生方、といった支えを励みにして1年間を乗り切って下さい。応援しています。