1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 宮城教育大学(教育学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

福島県立郡山高校卒
 この度、宮城教育大学教育学部に合格でき、大変嬉しく思います。この合格を勝ち取れたのも両親や駿優の先生方、友達など周りの人の支えがあったからだと思います。本当に感謝しています。ありがとうございました。
 駿優の授業は、先生方が親切、丁寧に教えてくれ、とても良い授業で驚きや感激が多くありました。講師の先生方ありがとうございました。
 この一年間、自分を支えてくれた皆様に感謝します。ありがとうございました。自分は教師を目指しているので、駿優の先生方のような、わかりやすく教えられる教師になりたいと思います。
 最後に新しく駿優に入る人へ、浪人一年間は大変だったけど、それ以上に得るものも多くあり精神的にも成長できると思うので、プラス志向で新たな目標へ挑戦して下さい。
福島県立橘高校卒
 駿優での一年間は、私にとってとても充実したものでした。ここでこの一年私がしていたことを振り返ってみたいと思います。
 まず、計画を立てて勉強することを心がけました。予習や復習をいつやるかとか、授業のない空き時間には何をするか、といったことです。私はこれを始めのうちからしていなかったために、前期の数学の復習が疎かになってしまいました。計画は大事です。あとは、自習室を出来る限り利用したり、行き帰りの電車の中では単語を覚えたり、友達と問題を出し合ったりしていました。
 今振り返ると、毎日同じ生活リズムの中で同じことの繰り返しでしたが、面倒くさがりで飽きっぽい性格の私が最後までやり抜くことが出来たのは、やはり志望校合格への大きな目標を持ち続けていたからということに尽きます。(辛いときは仙台の町並みを思い浮かべて乗り切りました。)合格して、改めて目標を持つことの重要性を実感しています。
 最後に、私を合格へ導いてくださった駿優の皆さん、本当にありがとうございました。
福島県立郡山高校卒
 まず皆さんに聞きたいのですが、皆さんは自分がダメ人間になりそうな時や落ち込んだ時などに自分自身を支えてくれる「何か」を持っていますか。
 予備校という所は、基本的には自由ですから勉強しようがしまいが自分の勝手だし、そのことについて、とやかく言ってくる人は皆無に等しいと思います。自分で自分に厳しくするということは、なかなか出来ないものです。実際、僕も浪人中に何度となく自分を甘やかそうと思ったことがありました。そんな時に僕を支えてくれたのは、家族であったり、友人であったり、先生方の言葉だったりしました。この、自分自身を支えてくれる「何か」は人によってそれぞれ違うと思います。それは、プライドであっても良いし、恋人がいる人は恋人でも良いし、落ちた時の悔しさであっても何でも良いと思います。是非、そのようなものを一つだけでもいいので作って下さい。
 もう一つ皆さんに言いたい事があります。それは、「この一年だけは自分中心に生きろ!」ということです。自分が大学に合格するために必要なことは、他の何を犠牲にしてもやって下さい。どうしても分からないことがあったら、先生を引き止めてでも聞いて下さい。僕は浪人している間は自分で後悔するような事以外なら何をやっても良いと思っています。実際、去年の僕は内面的にも外見的にも人間としてかなり歪んでいたと思います。(事実、髪型はいつも変でした…。)しかし当時は、勉強以外の事に気を遣っている余裕はなかったし、今考えてみても人間として間違った方向に進んでいたかも知れないけれど、後悔はしていません。浪人生が一番やってはいけない事というのは、大学に落ちることではなく、もっとこうするべきだったと後悔することではないでしょうか。
 さて、ここまで読んでくれて有り難うございました。冗談もあまり無くて、決して読みやすい文章ではなかったと思いますが、僕が言いたいことは大抵言ったつもりです。これから皆さんがどのような結果を出すのかということは誰にも分かりませんが、皆さんの努力に比例して合格という二文字が近づいて来るのは言うまでもありません。そして今度は大学に選ばれる立場ではなく、大学を選ぶ立場になって大学側を見返してやって下さい。ちなみに僕は、受かったのに行かなかった大学の合格通知は燃やしてやりました。まあ、こんな悪趣味なことはしなくてもいいので、とりあえず悔いの残らないよう日々前進して下さい。
福島県磐城桜が丘高校卒
 今思うと駿優とはすごく運命的な出会いだったのだと思います。
 入学するに当たって一番迷ったことは在籍クラスをどこにするかでした。理系に進むことは決めていましたが、国公立大・私立大どちらにするかをすごく迷いました。僕は国語が大の苦手で、現役時代はそれが理由で私立大志望にしてしまったのです。浪人すれば何でも出来ると思っていた僕は、国立大に挑戦しようと決意しました。
 前期授業が始まり、最初の頃はとても基礎的な事ばかりで、ちょっと疑問に思いながらも駿優を信じて頑張りました。なるほど予備校というのは考えているもので、前期・後期における授業のバランスが良く、とても自分に合っていました。それに駿優のテキストは大学受験の為の勉強だけではなく、その教科における『本質』を分かり易く丁寧に教えてくれるものでした。講師陣もみんな一流揃いでとても素晴らしかったです。
 一年間というのはあっと言う間で、長いようで短い一年でした。努力の後は結果もついて来るもので、第一志望とまでは行きませんでしたが、夢の国立大に合格することが出来ました。本当に駿優には感謝しています。講師・教務・スタッフの皆さん一年間お世話になりました。
 あっ、忘れてた。僕の浪人時代、いや、人生の中でとても大切な友人ができました。みんな離ればなれになってしまいますが、これからも仲良くできることを願っています。教師、医師、公務員、弁護士、消防士、IT企業、会計士、僕の周りでは有望な人材がザックザクです。(笑)これから浪人する人たちも自分の夢に向かって頑張って下さい。
福島県立福島南高校卒

不安を乗り越えて

 浪人が決まった時は不安しかありませんでした。浪人生活は辛いことの連続で楽しいなんて何一つなく、さらに同じ高校出身の人が誰もいなかったのでその中で勉強していくことが心配でした。
 しかし授業を受けていく中でその不安はなくなりました。まず駿優の先生方は、個性あふれる方たちばかりだったからです。高校の授業が50分であんなに長いと感じていたのに、駿優の授業は80分でありながら一つの授業があっという間で、つまらないと思う日などなく、おもしろくて笑ってばかりでした。また、授業後に質問に行くと、私が理解できるまでしっかり教えてくれました。わたしはうっちー(打越先生)のもとに毎週のように通いました(笑)授業や授業後に熱心に教えていただいたことは、今だけでなく、これからの人生に役立つことばかりでした。次に友達の存在があります。同じクラスの子と仲良くなってから、友達の輪が広がり県内のトップ高出身の友達がたくさんできました。授業を一緒に受けたり、自習室で勉強したりというだけでなく、勉強の合間に近くにご飯を食べに行ったりするなどの息抜きもしました。同じ境遇だからこそ、自分の将来への思いを話すことができ、良きライバルとして仲良くしていくことができたのだと思います。
 もちろん楽しいことばかりではなく辛いこともありました。それは成績がなかなかあがらない時です。自分ではやっているはずなのに思うように伸びなかったとき、担任の先生に相談しました。先生からの的確なアドバイスを毎日実行することで、少しずつその悩みは解消されていったように思います。
 正直初めは駿優にするか、他の予備校にするか迷いました。でも今では駿優に来て本当に良かったと思っています。むしろ駿優でなければ今の自分はなかったと思います。一年間支えてくれた先生方、本当にありがとうございました。