1. 駿優予備学校郡山校
  2. 駿優でよかった!先輩たちの合格体験記
  3. 東北大学(教育・文・法・経済学部)
駿優でよかった!先輩たちの合格体験記

教育学部

福島県立安積高校卒
 駿優で過ごした一年間は、私がこれから生きていく上で大変貴重な経験になりました。というのも、私は今まで本気で何かに取り組んだり、最後までやりきったことがなかったからです。センターでは思ったように点が取れず、東北大はC判定でした。去年、学力不足でどこにも受からなくて浪人をすることになってしまった私は、弱気になり、ずっと目指してきた東北大を諦め、安全圏の大学へ出願しようか迷いました。
 しかし、東北大を諦めきれずぐずぐず泣いている私に対して、常松さんは「挑戦しよう!じゃないとあなたはいつまでも変われないよ。」とずっと励ましてくれたので、第一志望の東北大を目指そうという決心が固まりました。もしあの時、常松さんの支えがなかったら、私は出願を変えていて、このような達成感を味わうことは出来なかったと思います。常松さん、本当にありがとうございました。
 今、浪人が決まった皆さんは、これからまた一年間辛い受験勉強を続けなければならなくて、絶望している方が多いのではないでしょうか。私の体験から、浪人生活は本当に辛かったです。高校時代の友人からの遊びの誘いを断り続け、雑念を振り払って勉強のことだけを考えなければいけないのですから…。まぁ勉強とのバランスを取って息抜きをすることは大切ですが。例えば、私の場合は’はねるのトビラ‘は欠かさず見るとか(笑)。いずれにせよ、浪人生活に一番大切なのは強い気持ちを持つことだと思います。私は、自分はやるときはやる人間なんだぞって見返したい人がいたからだと思います。このまま終わるのは悔しいっていう意地があったからだと思います。浪人になってしまうというのは、世間から見ると少し恥ずかしいことだと思うかもしれません。でも、浪人生は決して出来ない人間ではないのです。やらないだけなのです。出来ない…とぐずぐず悩んでいる暇があったら一問でも多くの問題を解くのです。”できるかできないかではなく、やるかやらないか“という言葉は、かつて高校時代の先生から説教された言葉で、浪人生活でも私のモットーでした。この言葉が、これから浪人を始める皆さんの力になれればなあと思います。
 勉強法については、駿優の授業をめちゃくちゃ集中して聞き、予習と復習を欠かさずにすることだけです。私は、現役時代のセンターは全国平均すらいかない点数だったので、駿優で一から東北大に合格する学力を身につけたといっても過言ではありません。駿優の授業では本質を教えてくれるため、考える力が身に付きました。あと、少しでも納得できないor理解できないところは、ためらわず必ず先生に質問しましょう。中途半端に終わらせて後で後悔するのは自分なのです!添削もどしどしおねがいしちゃいましょう。駿優の先生方は、皆親切で、面倒見が良いので嫌な顔一つせず引き受けてくれますよ。私は、休憩時間に毎週現代文の答案を見てもらいました。そのくらいのやる気を見せれば、先生がお忙しいときにも出来る限り、時間をとってもらえるのです。
 最後になりますが、浪人ができることを感謝し、幸せだと思いましょう。お金の都合で浪人させてもらえず、しぶしぶ行きたくない大学へ行く人もいるのです。予備校に通い、浪人することは非常にお金がかかることなので、自分一人の問題ではありません。中途半端な気持ちで浪人することは親不孝になってしまいます。そして、現役で受かった友人よりも、辛い思いをたくさんすることで、自分自身が成長し、これからどんな壁にぶち当たっても乗り越える根性が得られます。一生のうちこんな辛い思いをする機会はめったにないのです。とにかく、自分の限界を自分でつくってしまうのではなく、常にやっている!!という強い気持ちと意地をもって頑張ってください。みなさんの健闘を心から祈っています。そして、駿優の先生方、スタッフの方々、本当にありがとうございました。

文学部

福島県立安積黎明高校卒
 まず一言!目標を持ちましょう。模試の判定が悪くてもいい、反対する人がいてもいい、自分がこの大学に行くんだ!という目標を持つことがこの時期特に大切だと思います。モチベーションは常に高く。私はそのために駿優の授業に全てを賭ける、つまり授業内容を消化すれば合格する!ということを前提にしていました。何て強引なんでしょう(笑)。でも、よく考えてみると、一年という限られた時間の中で結果を出すためには、無駄な作業は極力避けるべきです。授業形態や教材は、プロの先生方の試行錯誤の結果、最も洗練された姿で今存在しているわけですから、それを活用しない手はありません。今思えば、最後まで私を支えてくれたのは、授業中の先生の言葉であったり、ボロボロになったカワイイ教材たちだと思います。
 しかし、その「消化」するという作業が一筋縄ではいきません。その方法としては、「予習」「復習」は大前提です。特に、「復習」という段階が重要です。授業中の自分と、机に向かって復習している時の自分は違う人間なのかも知れません。理解していると思っていた問題が解けなくなっていたり、新たに疑問が次々に出てくるのです。そんな自分が嫌になってしまう時もあるかも知れません。でも、出てくる疑問はしょうがない。何としてでも解決しようではないか!この乗りが大切。
 そんな時、大きな力になって下さるのが講師の先生方です。オープンな講師室を訪ね、とことん質問をぶつけてみることです。もちろん、それ以前に自分の問題意識を整理しておくことが先生方への礼儀です。(私は、この作業が出来ていないまま質問をしていたことが多く、先生方には大変ご迷惑をおかけしました。)また、それと同時に、問題の所在を明確にしておくことで、理解の度合いも違ってくるはずです。とにかく、講師室には通いましょう。そこで得られることは、授業のことだけにとどまらないはずですから。
 次に、忘れてはいけないこと。それは、こうした日々の「予習」「復習」が目標を出発点とした長期的展望の下に位置づけられているかどうか、ということです。そのためには、数ヶ月、あるいは一ヶ月、一週間、一日といった単位ごとに、ある程度到達目標を立て、今自分がやっていることがどの段階に位置づけられるのかを常にチェックし、そこからまた課題を発見していくことが大切です。短時間で定着することもあれば、時間を要することもある、また24時間は均質ではない。それをどのように活用すれば自分の中に定着しやすいのか。そんなことを考えながら勉強してみてはどうでしょうか。
 そして最後に!ここに私が書いたことは一つの経験談に過ぎないことを忘れないで下さいね。それプラス、自分を支えてくれている多くの人々がいるということも忘れないで下さい。自分が思っている以上に、周りの人は気を遣ってくれているはずですよ。
福島県立磐城高校卒

学問のすすめ

駿優予備学校では、論理がなにより大切であることを知りました。文系の勉強は暗記と感覚に終始していると錯覚しがちですが、すべてが論理で説明出来る事を教えて頂きました。論理が基本にあってはじめて暗記や感性の登場が許されます。素晴らしい先生方のもと、論理的な思考ができたり、文章がかけたりしたときの快感を駿優で味わってください。また、学ぶ事それ自体に喜びを見いだせる学問に出会ってください。私はなんとなく将来のことも考えて高校時代は理系でしたが、文転して、一年間自分と向き合い、もっとも就職に不利だと言われる人文学系の学問が、自分の興味の対象であることに気付きました。入試や有用性、就職のための学問も大事ですが、無心で没頭できるような学びに出会ってほしいと思います。勉強だけの一年を過ごして、多くのことを学びました。浪人しなかった自分は、もはや想像できません。様々なことを考え、吸収し、そのたびに内面的な変革がおこりました。駿優で出会えた先生方、友達には本当に感謝しています。一年間お世話になりました。

法学部

福島県立安積高校卒
 僕が駿優を選んだのは、とりあえず近いからといった程度のものでした。だけど、今となっては浪人して良かったと思えるし、何より予備校を駿優にして本当に良かったと思っています。駿優大好きです。
 まず、駿優はどっかのバカデカイ予備校と違い人数が少ないので、職員の方々と生徒の関係がとってもイイ感じです。悩み事があれば、親身になって聞いてくれます。些細なことでも心配事があったらどしどし相談しましょう。そして何と言っても授業が素晴らしいです。どの教科をとっても、高校の授業とはレベルが違います。高校では、ぼんやりとしか理解できていなかった事が、駿優の授業で明確に分かるようになったという経験は星の数ほどあります。大学受験は何となく分かる程度の理解では通用しません。駿優は質問の態勢がしっかりしているので、疑問があったら恥ずかしがらずに質問をして理解を深めましょう。
 僕は数学が苦手だったので、来る日も来る日も数学をやっていて、ほぼ毎日数学の質問をしに行っていました。その際お世話になったのが、石神先生。石神先生のところに行けば疑問は解決します。とても親切な方です。本当にお世話になりました。
 でも、どんなに駿優が凄くても、やっぱり自分の努力が無ければ成績は伸びません。頑張って頑張って頑張り抜いて、第一志望大学への合格を目指して下さい。頑張るあなたはかっこいい。

経済学部

福島県立安積高校卒
 私が駿優予備校へ入ったのは昨年の震災後でした。全てががらりと変わってしまった去年、どうしても第一志望に行きたくて浪人を決めました。
 この一年は正直とても辛かったです。日中は毎日予備校で勉強、自宅に帰っても勉強をし、翌朝また登校。この生活がずっと続きました。しかしいくら勉強しても結果が出ないことが当然あります。他の多くの受験生より一年多く勉強しているのに…と悔し涙を流し、また成長できない自分に自己嫌悪に陥ったこともありました。長期休暇で友人が帰省してきたときは、昨年と同じことを繰り返している自分にとって、大学に行った友人が遠く離れた存在に感じたこともありました。
 私がこの一年を通し、皆さんに伝えたいことはとても簡単でごく普通のことです。それは、時間は待ってくれない、努力をやめてしまったら来年また後悔するということです。
 多くあると感じる時間も、無駄に過ごすとあっという間になくなってしまいます。学力は短期間では伸びません。後でやればよいと思ってその時を楽に過ごしてしまうと必ず響いてくる日がきます。この1年は遊ぶことを考えず、目標に向かって努力していってください。
 またこの1年は意思を強くもたなければならないです。限りある時間の中で自らが合格できる力をつけるためには自分がどこで何をしたいのかを明確に強く意識するといいです。
もし辛くてつぶれそうなときは先生方に相談するといいです。駿優予備校の強みは先生と生徒の距離が近いことだと思います。不安なことがあったり疲れてしまったときは、教務の方と話すだけで救われることもあるはずです。
 まとまりのない文章となってしまいましたが、この一年を実りあるものとし、春に花咲くよう、日々努力していってください。ここでの生活は、あなたが進む道を照らしてくれます。切り開くのは自分自身。来春、この合格合格体験記を書くのは、あなたです。
福島県立会津高校卒
 これは、合格したから思えることかもしれませんが、駿優で浪人して良かったと思っています。
 まず、授業がとてもわかりやすいです。どの先生も、なぜその答えになるかを、根拠を示しながら詳しく教えて下さるので、しっかり理解しながら学習していけます。授業でわからなかったところは、講師室に行って聞けば、わかるまでしっかり教えてもらうことができます。教材も、先生方が試行錯誤して作ったものなので、受験に必要なことばかりが載っていて、受験勉強はほとんど駿優の教材で十分でした。私は東北大学を目指すにあたり、新たに3科目勉強しなければならなかったのですが、1年間でセンターで点が取れるようになったのも、センターに必要なことが抜粋して載っているテキストで学習したからです。必要なことばかりなので、無駄な時間をなくし、効率よく勉強できました。
 駿優で浪人することは自分にとって正しい選択だったと思います。ただし、環境がいくら良くても結局は自分次第です。これは、この1年で強く考えさせられたことです。どれだけ勉強できたのか、どれだけ自分に厳しくできたのか、こういったことが自信にもつながってきますし、目標を達成できたかどうかを分けるポイントだと思います。受験は自分との戦いです。このことを忘れないでください。
 最後に、これを読んでいる皆さんが志望校に合格できることを祈っています。がんばってください。