理工学域

福島県立郡山高校卒

この一年を振り返って

 この度、第一志望の金沢大学に合格する事が出来ました。この大学には人一倍こだわりがあったので、合格発表で自分の番号を見つけた時は、本当にうれしかったです。
 高校二年生の時にオープンキャンパスで受けた模擬授業や施設見学するにあたり、絶対にこの大学に行きたいと思うようになりました。そこからこの大学に向けて真剣に取り組むようになりました。
 現役三年生時のセンター試験でE判定にも関わらず浪人覚悟で受験しましたが、やはり結果は不合格で駿優に入学しました。授業を受けてみると最初持っていた根拠のないイメージがひっくり返されました。講師の方は東京で活躍されている方々で全国レベルの授業を受けることができました。具体的には、今までと全く違った観点から問題にアプローチしたり、より深い理解を目的としたり、その時の生徒の様子にあわせて鼓舞してくれたり、授業に集中できる工夫までしてくださいました。
 それから、前年の受験の問題点の追求と研究をした際にも、講師の先生に協力してもらったことが今年の成功の決め手となったと思います。ですから過去問研究には講師の先生方に相談してもらうことをオススメします。単調な毎日を繰り返す予備校生活においては、どうしても気がゆるんだりすることがあります。そのようなときに担任の先生の定期的なホームルームによって、受験に挑む姿勢を正し、一層気を引き締めて挑めました。それが長期間戦い続ける力となりました。
 このように、駿優は学習面だけではなく精神面においてもとても充実した環境でありました。この一年間は大学受験のみならず、これから生きていく上で大事なことを多く学ぶことができ、本当に良い経験となった一年でした。また、つい辛いと思われがちな浪人生活ですが、新たな発見や成長を実感できて楽しいとさえ思えた一年でした。是非行きたい大学がある人は目標達成のために駿優で有意義な一年を過ごしてください。最後に、全力で支えてくださった先生やスタッフの方々に心より感謝します。ありがとうございました。


国際総合科学部

福島県立安積高校卒
 まず始めに、この1年間お世話になった駿優予備学校の先生方、ありがとうございました。途中あきらめそうになったこともあったけどなんとか合格を勝ちとることができました。
 この1年間を振り返ってみると予備校での生活は正直言って単調でした。朝、予備校に行って夜まで授業を受けて家に帰ってまた勉強をする、このサイクルが一年間続きます。この生活の中で自分が一番大切だと思ったのがONとOFFをはっきりつけることです。多分ですが一日中勉強できるという人はごく少数だと思います。人間の集中力には限界がありますし、先のことに悩む事だってあります。ダラダラと長時間勉強するよりはやる事をきめてスパッとやってしまった方がいいと気づきました。そして残った時間をストレス解消に使いました。
 一年という期間は振り返ってみると短いようでしたが、どんなに逃げ出したいと思っても逃げだすことはできないという大変辛い期間でもありました。きっと一人では乗りきることができなかったと思います。乗りきることができたのは共にこの一年を過ごす仲間がいたからです。誰かと自分を比較して‘アイツ’があれだけやっているんだったら自分も負けないようにやろうと思えるような相手がいたから日々の勉強に力が入りました。
 最後に駿優予備学校に新しく入学する皆さん、悩んでいても結果は何も変わりません。やるしかありません。とにかく自分で頑張ってるなと思えるくらいに頑張ってください。願わくば、この体験記を読んだ人が最後までやり遂げられますように。

工学部

福島県立安積高校卒

受験を振り返って

 結果的には第一志望に合格できましたが、昨年は東北大を考えることもできないレベルでしたし、浪人してからも判定はCかDばかりで、特別学力が高かったわけではありませんでした。ただ、多くの方が言うように、授業では深い内容も学ぶことができ、また、テキストを仕上げればかなりの力がつくと思い、余計なことを考えず、後期終了まではとにかくテキストを繰り返すようにしていました。
 前期のうちは、まず生活リズムを固定するようにしました。学習は、苦手な数学ばかりやっていたため英語がおろそかになり、量がものすごい数学は講義問題だけに集中すべきでした。
 後期は数学に加え理科にも力を入れ、自習室を活用するようにしました。ただ、後期も英語に割く時間は少なかったです。この時期は、問題を解いたときに、解いた感触、なぜその解答を作ったか、間違えた問題に対してはどう考えるべきだったか、別解はどうかなどを様々検討しました。12月から過去問も少しずつ始めました。冬休みは過去問演習に専念すると決め、冬期講習は苦手な国語を中心に物理も強化しました。
 センター対策は地理と国語のみ行い、数英理はセンター1週間前まで2次対策を続けました。センター後は全科目過去問演習に専念し、戦略を立てながらじっくり問題に取り組んでいました。
 本番では、テキストをあまり繰り返さなかった英語の出来がやはり最悪でした。
 僕は後期から自習室をフルに活用しましたが、おそらくこれが一番のポイントでした。家では集中しづらいので、自習室に行く習慣をつけることをお勧めします。また、辛くて逃げ出したいときでも、逃げたら負けるので、頭をあまり使わない暗記系をやるなどして、とにかく耐えて、大変ですが最後まで粘ってください。長くなりましたが、最後に、指導・サポートしてくださった皆さま、ありがとうございました。


教育学部

福島県立安積高校卒

人よりも手を動かせ!

 国立大合格を目指す人にとってとにかくセンターは大きいと思います。浪人して合格した今ですが、もっとセンターの国語の対策をしておけば良かったと後悔しています。それから英語も。今年受けたセンター試験の私の結果は、浪人生活での頑張りがそのまま表れました。何とかなるだろうと思っていたセンターの国語がどれほど足を引っ張ったか…。センターは科目が多いです。全てまんべんなく点数をとるのはとても大変です。しかし1教科くらいコケても大丈夫は通用しません。私は化学系の学部に合格しましたが、去年1番苦手な教科は化学でした(笑)つまり何を言いたいかというと、やればやっただけ伸びる!ということです。
 化学は苦手だったので、授業用のノートの他に別のノートを用意し、問題集で分からなかった問題を写したり、知らなかった事をメモしたりして自分専用の参考書?を作りました。間違えやすい化学反応式はやじまんオリジナルの青ペンノートでひたすら書いて覚えました。(おかげで二次で書かされた化学反応式もばっちりでした^^)授業時間を除くと化学は浪人生活の中で1番勉強しました。
 数学は、角田先生の医学部.難関大演習の問題を何回も解き直しました。チャートなどの例題を解けるようにしておく事も大事だと思います。
 英語は、語彙力を身に付けるのはもちろん、出来たら単語もきちんと覚えていった方がいいと思います。現役の時は、単語を覚えようと単語帳を開いてみるのですが、自分一人だと怠けてしまいなかなかきちんと覚えられませんでした。しかし駿優では週1で英単語テストがあったので、嫌でも青ペンノートに書き続けると意外と覚えられました(笑)全ての教科に言えることですが、ひたすら手を動かし、面倒だと思ってしまう事をたくさんやってください!眺めているだけでは頭に入りません(少なくとも私はそうでした)だから私は青ペンノートをたくさん活用しました!とってもおすすめです!!
 たくさん苦労した分合格した時の喜びは大きいです(^^)私の高校の先輩が残してくれた言葉が今も私の中で残っているので紹介します。「死ぬ気でやってみ?死なないから。」頑張ってください


福島県立安積高校卒
 私は2012年4月から1年間駿優の理系クラスで学ばせて頂きました理転生です。「理転」は学ぶことが文転より多くあるということで、4月当初は不安だらけでした。
 駿優の先生方には基礎の基礎から理系科目を教えて頂いたのですが、意外にも1番の伸びを見せたのは英語、国語です。私は、東海大学を受験するのにセンター利用を重視して考えていたので、センター試験対策に特化した授業を受けられたのが、何よりも合格に繋がったと思っています。特に、英語と現代文は、自分1人ではどうやって学習し、どうやって点をとったら良いのか全く分からない状態だったので、授業を受ければ受けるほど得られるものが多かったです。質問にいって先生がきちんと答えてくれたのもうれしかったです。
 また、私は一般A方式でも東海大学を受験したのですが、自分の知っていた雑学が長文で出るというミラクルが起こりました。やはり知っている内容が出ると、試験中に心に余裕が生まれます。「浪人」と聞くと勉強ばかりしているイメージですし、勉強しなければ2浪、3浪となってしまうのが現実のような気がしますが、あまり堅くなりすぎても視野が狭まって、身近にあるチャンスを逃がしてしまいます。ですので、周りにも目を向けられる余裕を持ち、かつ、学習に対しては積極的に過ごして、1年間を乗り切って頂けたら幸いです。
 最後に、担任の松崎先生をはじめとする教務の先生方が、親身になって相談に乗って下さったことに心から感謝します。中には例外もありますが、教務、講師の先生方の話には、人生においてためになるものがたくさん含まれているので、「余談だから」とお聞き逃しのないように!

福島県立安積高校卒
 今回、寄稿するにあたってあらためて自身の恵まれた環境を思わずにはいられません。親切にご指導をいただいた駿優講師陣の皆様方、共に受験を戦った友人達、そしていつも支えてくれた家族にはとても感謝しています。
 さて、雑文ではありますが、これから私自身がこの受験を通して考えたこと、体験したことの一部を述べさせていただきたいと思います。一人の受験生として参考にしてもらえれば幸いです。
 昨年、現役生だったころ私は東北大学に不合格でした。当時を自分自身で反省すれば、やはり勉強不足というのが一番の原因だったと思います。特に数学は、本番ではほとんど白紙で、ひどく落ち込みました。そして、そのような才能のない自分でもやっていけるのか、不安を持ちつつ駿優に入学を決めました。駿優に決めた理由は初めは単純で、お金が比較的かからないということでした。家から通える駿優は大変魅力的だったのです。しかし、いざ入学してみると、授業の質が高く、自身の成長を実感できる毎日でした。
 また、授業だけでなく、講師の方々に個人的なご指導をいただけた点も力をつけることができた大きな要因だったと思います。特に、二次試験直前では、英語や数学の過去問の質問や添削をしつこくお願いしてしっかりと自分のものにすることができました。講師の方々にも「どんどん質問をするように」と言って頂けたので現役生のころはあまり先生と話をする方ではなかった自分でも気軽に相談することができたと思います。
 受験は難しいものです。しかし、だからこそやりがいがあり、私はこの一年でたくさんのことを学びました。駿優はきっとその熱意を支えてくれるでしょう。駿優生の健闘を祈ります。

福島県立白河旭高校卒
 私ははじめ、浪人するなど考えていませんでした。現役の受験で結果がでなかったら、すべり止めの大学にいくことになっていました。しかし家族の後通しもあり、もう1年頑張ることになりました。訳あって5月からの入学だったのですが、1ヶ月程予備校に通っていると、毎日が、電車に乗り学校へ行き、学校が終わるとまた電車に乗り家に帰る、という変化のない日々が続き、目標が薄れていきました。まして私の場合、予備校に入る時点で志望校も決まっていなかったので、さらにマンネリ化が続いていきました。予備校に入ると決まった時点で明確な目標と計画を立てるべきだと思います。駿優の授業では、前期に高校3年間分の内容を習慣という形で、さらに高校の時よりもくわしく説明してくれます。高校のときに、理解できずに暗記してしまっていた箇所などもたいへんわかりやすく説明してくれますし、入試頻出の問題や用法なども教えてくれます。無駄な時間がありませんでした。反省点としては前期の問題のやり残しが所々あったことです。このやり残しが後期の実戦演習に響いてくるので注意が必要です。後期の授業は実戦演習がほとんどを占めると言われていたのですが、案外、問題のポイントとなる基礎について解説していただいたので大変助かりました。夏期・冬期講習では受ける授業以外の時間が多くなります。家でやろうとせず、毎日学校に来て勉強をするという習慣が大切だと実感しました。
 最後に一年を振り返って自分としては希望する学部に入ることができず心残りな部分もありました。「もう少し頑張れば…」「計画をしっかり立てていれば…」など反省すべき点はいくらでもありますが……。浪人すると決めたみなさんも私と同じように、同級生が一歩前進しているのに、自分が足踏みしていることへの苛立ちや何度も訪れる「自分は頭が悪いから…」「これくらいでいいや…」などの言い訳が頑張ることをやめてしまう原因になります。それらの事を断ち切り、一年後の勝利を掴んで下さい。