大学受験科連絡

2017/06/26 15:33「英作文」補講のお知らせ

次の日程で補講を実施します。

7月5日(水) 

英作文Y

3限(12:40~13:50)  401教室

英作文X

4限(14:05~15:15)  301教室

2017/06/26 15:31「英文法・語法part1」補講のお知らせ

6月14日休講分を次の日程で補講を実施します。

7月5日(水) 

英文法・語法X part1

1限(9:20~10:30)  301教室

英文法・語法Y part1

2限(10:45~11:55)  402教室

2017/04/20 12:51補講のお知らせ

本日4/20〈理Ⅱ〉「数学AY2」の休講の振替日は

4月27日(木)7限:18:20~19:30

なりました。

 

▶︎ 過去の大学受験科向け連絡はこちら

高校生コース連絡

2017/06/27 16:50数学総合力養成講座7月1日(土)の予習範囲

 次回の予習範囲は,前期テキストの P 11~12  第6講 「三角関数」です。前回の授業は,(講義問題5)の1.まで終了しましたので,次回の授業はこの続きからです。図形分野は数学的なセンスを磨くには最適の分野です。1つの問題に対して,様々な解法が存在する場合もありますので,初見の問題にも果敢にチャレンジしてみて下さい。5月27日(土)に実施した特別講義「図形の定理の証明大会」で使用した証明プリントも忘れずに持ってきてください。また,前回の授業で渡した【第10回 数学確認テスト(三角比の問題)】が次回提出になります。

 7月1日(土)の授業で前期授業は終了しますが,前期テキストの第7,8講が残る形になります。この分の補講を7月8日(土)に実施します。時間帯は現在調整中で,7月1日(土)の授業でお知らせ致します。

 

 日々,自己の壁を破るのに必死な皆さん,ご苦労様です。皆さんの「心のエネルギー」はきちんと前を向いていますか?心の向きを「前向き」に保つには,「後ろ向き」な言葉をできるだけ心に浮かべたり,発したりしないことが大切です。特に抽象的な負の言葉『ヤル気が出ない,疲れた,辛い』などはよく使われる言葉ですが,そもそもそれらがどのような状況を表すのかが明確に定義されておらず,そのような得体の知れないものを相手にしていると,そこに大きな心のエネルギーが奪われることになります。ですから『ヤル気が出ない,疲れた,辛い』などという言葉はできるだけ使わないようにすべきです。ただし,それは「無感覚になり,自分の体に無茶をしましょう」と言っている訳ではありません。むしろ体調管理は受験生にとって必須事項ですから「痛い,息苦しい,暑い,寒い,眠い」などの体からの具体的なメッセージは無視せずに敏感に感じ取り,対処すべきです。

 最近,私は特に「疲れた」という言葉を使わないように気をつけています。加齢による体力の衰えは確実に進行しているので,この『魔の言葉』は強烈に私の心を支配しようと襲ってきますが,常に意識して戦っています。1階から6階までの階段を登るときも「足が痛い,息が荒くなる」は素直に感じても「辛い,疲れた」の言葉は完璧に撃退しています。そんな些細なことを徹底するだけでも,気分が晴れ渡り,気力が充実してくるのが実感できます。若い君達もこんな年配のオジサンに負けることなく,活き活きとがむしゃらに「前向き」の心を貫いて欲しいと思います。

 そうです,キーワードは「まだまだやれる」そして「笑顔」です。頑張りましょう。

 いよいよ受験生にとって天王山ともいえる夏休み期間がやってきます。7月9日(日)の「勝負の夏」突入イベントも忘れずに。フレー!フレー!駿優生!!

 数学科 石神

 

 

 

2017/06/26 08:51英語総合力養成講座 7月1日(土)の予習範囲

 7月1日(土)の英語総合力養成講座(第11回=前期最終講)の予習範囲は、前期テキスト p.56の1行目からp. 59 (前週の国公立二次&私大対策編 第5講の残り)p.35 ~ p.39(センター試験対策編の第6問)です。

 前週の問題(2016年度/明治大学/政治経済学部)は、この時期の現役生にとってはなかなか大変な内容だったと思いますが、一応、前週で峠は越えました。授業で確認した内容を手がかりに残り後半部をもう一度読み直してみてください。第5段落が起承転結の“転”に該当する部分ですので、そこを強く意識してみてください。(そして言うまでもなく、第6段落が “結” です。)

 センター第6問は、評論文の読解です。評論文ということは、英語の大原則である “一段落につき、1テーマまで” に基づいて書かれています。解答に際しては、この大原則を最大限に活かすことを心掛けてください。具体的には、各段落を読み終えたらば、次の段落へと進む前にAとBの問題を処理してしまうことです。この解法の手順を授業では細かく確認していこうと思います。

 いよいよ前期も最終週ですが、その翌週の7月9日(日)には親子講演会及び夏期プレ授業が開催されます。ここまでの11週で築き上げた姿勢や流れ、勢いを途切れることなく、むしろさらに加速させて夏を迎えるための大きな節目になります。参加される皆様のモチベーションを高めるべく、こちらも万全の準備をして臨みます。

 英語科 大澤

 

 

2017/06/19 11:55数学総合力養成講座6月24日(土)の予習範囲

 次回の予習範囲は,前期テキストの P 7~10 第4講 「三角形と円」と 第5講 「三角比と図形の計量」です。前回の授業で,数列の授業が終了しました。色々な数列の応用問題を解き,フィボナッチ数列などの補充問題もやったため,図形分野に入れませんでしたが,次回から入ります。5月27日(土)に実施した特別講義「図形の定理の証明大会」で使用した証明プリントも持ってきてください。また,前回の授業で渡した【第9回 数学確認テスト(図形の問題)】が次回提出になりますので忘れずに。

 

 日々努力努力の皆さん,ご苦労様です。定期試験の期間に入り,特に忙しい思いをしていることと思いますが,皆さんの「心のエネルギー」はきちんと前を向いていますか?気持ちの持ち方は個人の自由なので,自分の好きなようにすれば良いのですが,時間の限られている受験生に関しては,間違いなく心は「後ろ向き」よりは「前向き」が良いと思われます。結果が出る前から「悪い結果が出たらどうしよう」と思い悩んだり,思ったような結果が出なかったときに「自分を正当化するための言い訳を探し」を延々とやったりしていませんか?

 悪い結果を出したくなければ「そうならないように一秒でも多く工夫と努力の時間を過ごすこと」,思ったような結果が出なかったときには「その原因を明確にし,勉強の方法を調整し,できるだけ早く次の第一歩を踏み出すこと」が唯一の解決策です。この単純明快な心の方向性を失い,不安と恐怖の世界に心を泳がせ,そこで多大な心のエネルギーを失うようなことをしてはいけません。常に心の方向性を「前向き」に保つことを意識しましょう。

 いつまで考えても仕方のない事に対してはいつまでも悩み続けず,理屈抜きに 『よし,やるぞ』 『当たって砕けろ』 と奮起する強さが必要です。困難にチャレンジする自分を応援し続ける心,それが「前向き」の心です。「後ろ向き」の心は表情にも声にも姿勢にも現れてきますよ!若者は若者らしく「小さく固まらず,活き活きと,がむしゃらに進んでいって欲しい」そう願います。

 そうです,キーワードは「まだまだやれる」そして「笑顔」です。頑張りましょう。

 そろそろ受験生にとって天王山ともいえる夏休み期間がやってきます。駿優郡山校高校生コースでは,この夏休み期間に先がけて,7月9日(日)に保護者の方にも参加して頂けるイベントを準備しています。君達が大きく広げた「前向き」の心の帆に良い風を吹きかけられるように念入りに準備していますので,期待して待っていて下さい。

      数学科 石神

▶︎ 過去の高校生コース向け連絡はこちら