梅雨明けを待たずに最高気温34℃となった7月9日(日)でしたが、そんな暑さのピークにも関わらず、当日は高校生コース在籍生に加え、普段駿優に通われていない現役高校生保護者の皆様にお集まりいただきまして、改めてありがとうございます。

 「親子で乗り切る夏の天王山 ~失敗例から導く必勝パターン~」と題した今回の親子講演会ですが、終了後に御協力いただいたアンケートは、我々の予想を超える反響でした。

 

 受験生からは、「夏をどう過ごすか不安だったが、不安を取り除くことができたと思う」「非常に自分にあてはまる話が多く、今一度、自分を見つめ直すことができた」「今日この日に講演を聞けて本当に良かったと思う」といった感想から、「50日間で300時間とは言わず、350時間以上を目指したいです」といった決意表明まで、それぞれに響くところが大きかったことがうかがえます。

 

 また、保護者の方からは「親の役割を助言していただきました」「親として協力できることを行い、バックアップしていきたいと思いました」という感想に加え「長期の休みごとにこのような講演会を行ってほしいです」といった要望も多数お寄せいただきました。

 

 ほぼ全ての感想に共通していたのが「生徒や講演者のエピソードがとても具体的であったこと」「これから何をするべきかが明確に示されていたこと」の2点でしたが、これこそが私たちが目指していたことでした。

 

 次回の企画については、今後まずこのホームページから発信していく予定です。また、今回の親子講演会では時間の関係上触れられなかった点については、本ホームページの最上段「掲示板」の「高校生コース連絡」で更新していきます。

 

 当日、皆様とお話できたことは私たちにとっても貴重な財産となりました。御参加いただきましたことを、最後に改めて感謝いたします。

 この講演会をきっかけとし、皆様が悔いのない夏を過ごされることを応援しています。

 

 親子講演会 講演担当 大澤 秋津